TCR index


真のキリスト教


第六章 信仰について


336・ 古代の人々の英知から、次のような教義がつたわってきています。つまり宇宙は、個々全体にわたって、〈善 bonum 〉と〈真理 verum 〉の関わりをもっていること、教会の全体は、〈愛または仁愛〉と〈信仰〉にかかわりをもっているということです。〈愛または仁愛〉から流れてくるものをすべて「善」と呼び、〈信仰〉から流れてくるものをすべて「真理」と呼びます。
 ところで、愛と信仰の二つは区別できるものなのですが、人間のなかではひとつになって働いており、〈教会としての人間〉、つまり〈人間のなかにある教会〉になっています。だから、古代の人たちのあいだでは、以上の二つのうち、どちらが優先するかについて、論議がありました。すなわち、二つのうち、どっちが先に生まれたかということです。
 〈真理すなわち信仰〉のほうが先だと言っている人と、〈善すなわち愛〉のほうが先だと言っている人がいました。人間は、生まれるとすぐ、話したり、考えたりすることをまなび、これをとおして、理性の面で、つまり知識をとおして、完成にむかい、こうして何が真理であるかをまなび、理解していきます。これが媒介になって、そのあとで、何が善であるかをまなび理解するようになります。このように考える人にとっては、信仰が優先し、そのあとに愛がくることになります。すなわち、信仰からくる真理こそ、初子であって、愛からくる善は、その次に生まれたという理屈です。したがって、初子である信仰に優先権をあたえ、これに長子の権限を与えます。
 ところがかれらは、信仰をあれこれ弁護しすぎて、人間の理性に不当の重荷を負わせた結果、信仰が愛にむすびついていなければ、信仰は信仰でなくなることに、気づきませんでした。愛も信仰にむすびついていなければ、愛ではなくなります。つまり信仰と愛はひとつになって働くのです。したがって、二つのうち一つだけでは、教会をなしません。二つが一つであるというわけは、これから後述していきます。

(2) この序文では、一つになって働くということが、どのような根拠にもとづいているかを、手みじかに述べておきます。これも、次に述べていくことがらに光をあてていくため、大切だからです。 すなわち、「真理」とされている「信仰」、これは時間的に言うと、本来最初にくるものですが、いわゆる「善」として理解されている「愛 charitas 」が、目標としては、最初にくるものです。しかも目標として最初にくるものは、現実的にも最初にくるもの、つまり第一次的なものです。だから最初に生まれるものなのです。それにたいし、時間のうえで最初にくるものは、現実の上で、最初にくるものではなく、見かけの上での最初です。ただし、以上のことを分かっていただくため、神殿・家屋の建築や、果樹園の設定、田畑の工作などを、たとえに引きだしてみることにします。
 まず神殿の建築のたとえです。最初は、土台をすえ、壁をつくり、屋根をふきます。そのあとで、祭壇をもってきたり、説教壇をすえたりします。最初に、目的として、神殿のなかでの神の礼拝があり、そのために造作がおこなわれました。家の建築もそうです。時間的にはまず、家の外部をつくり、それから内部にいろいろな日常必需品をおきます。ところが、目的として最初にあったのは、家を造る人と、その家で暮らす人たちのために、便利な住まいを確保することでした。

 果樹園づくりについても、時間的には、地ならし、土壌えらび、植樹、いずれ移植される苗木を植えることなどが先にきます。ところが、目的として先にくるのは、その果樹園で得られる果物の収穫です。田畑の工作についても、時間的に先にくるのは、地ならし、耕作、苗代づくり、植えこみなどですが、目的として先にくるものは、収穫であり、収益です。
 以上のたとえから、そのものとして先んじる最初のもの in se primum は何かが、結論としてだれの目にも明らかでしょう。神殿を建てるにしても、家を建てるにしても、あるいはまた果樹園をつくり、田畑を耕作するにも、だれもが最初に心に描くものは、用途 usus ではないでしょうか。それを目標にして、達成手段をとっているあいだも、心のなかにはたえず、その用途があるはずです。
 したがって結論としては、時間のうえで最初にくるものは、〈信仰の真理〉であるのにたいし、目的のうえで最初にくるものは、〈愛の善〉であるということです。しかもこの〈愛の善〉こそ、先にあったわけですから、心のなかに、実際にめばえた初子であるということになります。

(3) ここで、信仰とはなにか、愛とはなにか、また両者の本質はなにかについて、知る必要があります。それで、信仰についてはそれなりに区分し、愛についてもそれなりに区分して、それぞれについて、節に区わけしてみなくては、よく分かりません。信仰については、次のように区分してみましょう。
一・ 神・救い主である主イエス・キリストへの信仰こそ、救いにつながる。

二・ 善い生活をおくり、正しい信仰をもてば、主によって救われる。これこそ信仰の要約である。

三・ 人が信仰をうけいれるとは、主に近づいて、〈みことば〉から真理をまなび、それにしたがって、生活することである。

四・ 諸真理の総体は、おたがいに呼応した内容が一つになって、信仰を高め、完成してゆく。

五・ 愛のない信仰は信仰ではなく、信仰のない愛は愛でなく、両者とも、主によらないかぎり〈いのち〉はない。

六・ 生命・意志・理性が、人間のなかでひとつになっているように、主・愛・信仰は、ひとつになっている。もしそれが分離したら、真珠がくずれて、コナゴナになるように消滅する。

七・ 主は、人間のうちにひそむ愛と信仰である。人間は、主のうちにあって、愛と信仰になる。

八・ 善い行いのなかにこそ、愛と信仰が同時に存在する。

九・ 真の信仰、にせの信仰、偽善の信仰がある。

十・ 悪人には、信仰がない。

 以上のおのおのについて、これから述べていきます。