1771年原作                 

真のキリスト教 下 Vera Christiana Religio U

      

愛とは、自由とは? 

また再生は自己改革に始まり、

自己改革は悔い改めに始まる。

あがないにおける功徳転嫁の誤りを指摘。

「代」の終わりは「世」の終わりではない。

 四六判 804ペ―ジ   定価¥3000 

内容紹介例:

TCR587. 人には生来の悪があり、その悪は人の自然的意志にこびりついています。そして前述のように、意志は理性を自分にてなづけ、自分とウマがあうようにもっていきます。したがって人が再生するためには、仲介因になっている理性をとうして始めなくてはなりません。つまり理性が受けとる情報です。まず両親と教師からそれを受け取り、そのあと〈みことば〉を読み、説教を聞き、読書とか会話をとおしてそれを会得します。理性がうけとる情報のことを「真理」と言います。だから自己改革は、理性をとおして行われるとも、理性が受け取る真理をとおして行われるとも言えます。〜

 人間の意志は、生まれつき悪いということ、そして何が悪く何が善いかは、理性が教えてくれるということ、また一方を欲すれば、他方を欲しないということがはっきりすれば、人は理性をとおして、自己改革を始めることになります。「自己改革」とは何かというと、人が悪は悪、善は善として見、それを認め、善を選びとらなくてはならないと思う心の状態のことです。そして「再生」の状態は、悪を避け、善を行いたいと望むところから始まります。


注文メール