新教会のとって、祈りとは何か。

〈みことば〉を用いた祈り

祈る心の大切さ

祈る言葉と習慣について




 この小冊子は、各項目ごとに〈みことば〉からの祈りが集めてあります。〈みことば〉とは、すべて霊感を受けて記された旧新約聖書、およびエマヌエル・スエデンボルグの神学的著作のことです。本書では、スエデンボルグの神学的著作を、たんに「著作」または「天界の教義」と呼んでおり、「聖書」という言葉は旧新約聖書を指します。

 聖書からの引用は、慣例にならって出典名と章節番号を付け、著作の場合は、書名と節番号で表されています。本書で引用する著作の略号は、次の対照表を参照してください。

目 次

はじめに                           1

         主の祈り 1

         主の祈りに学ぶ2

         〈みことば〉で祈る3

         〈みことば〉の力  3

         手びき   4

         著作を用いる  5

         祈る大切さ5

         祈る心   6

         祈りの習慣7

         本書の利用にあたって     7

         祈りましょう  8

 

 

〈みことば〉にある祈り               9

     1. 敬愛の祈り                        9

         賛歌                              9

         感謝                               13

    2. あわれみと赦しを願う              15

    

     3. 苦悩の祈り                        19

         苦難の日々                    19

         見捨てられ、孤独なとき        22

         嘆きの中より                  24

         試練                          28

    

     4. 支えを求めて祈る              32

         恐れ                          32

         悪を避ける                    34

         喜んで主に従う           37

         節度を守る                   40

    

     5. 私の誓い                        43

    

     6. 主の助けと保護を求める祈り    47

         解放者                            47

         導き                              49

         助けの源                          52      

         避けどころ                    54

         救い主                            58

     

     7. 励ましの祈り                       61

        主の現存                61

        備えあり                64

        負い易いくびき            69

         ゆるし                           71

     

     8. 特別な主題                         74

         天使                              74

         美                                75

         子供たち                          76

         来世での結婚                     78

         朝                                80

         晩年                              81

         平和                              83

         若者                              85

 

        訳者あとがき  88

みずからの祈りを反省するとき、いく度も変遷があったことを、ひしひしと感じます。駆け出しのころの新鮮な祈り。やがて、それらが後退して、災いや不幸にとまどい、この世的でわがままばかりが先行する祈り。苦悩に沈み、絶望と疑いのどん底から叫ぶような祈り。試練のすえ、主の摂理は、永遠の目標をめざしていて、この世で幸運にめぐまれるためでないと学びます。

状況が良くても悪くても、なおそれらは永遠の幸福に役立つ善であって、摂理のうちにある者は、見かけはどうあろうと、たえず幸福に向かって運ばれていると確信できるまで、なんと時間のかかることでしょう。

 本書が信仰のかてになり、祈りの一助となるなら幸いです。末筆ながら、祈りのすばらしさに触れていただきたいと願っています。

出版に際して、長島先生をはじめ、尽力くださった方々に、深く感謝する次第です。         







2003年2月発行
注文メール
訳者: 山田茂さん