1764年原作          

神の摂理  De Divina Providentia 
          

占い、予知、奇跡、幻示、
心霊術、霊交術など、
オカルト的興味は  いかに危険か。

人間奴隷化を企む
闇の世界の陰謀を知る。

神の摂理は 
背後から気づくものである。

四六判 590ペ―ジ   
定価¥2500 

内容紹介例:

DP326.(10)人には、血管とか内臓と呼ばれる神経繊維をもとにして組成された〈かたち〉があるだけではありません。皮膚、肢節、腱、軟骨、骨、爪、歯があります。これらのものは組織体それ自身にくらべて、生命の低い段階にあるわけですが、それでも組織体にたいしては、結び目、被膜、架台として役立っています。 天界の巨大人も、以上のようなものが全部備わっています。ですから一つの宗教を信じる人々からだけでなく、いろいろな宗教を信じる人から成り立っています。したがって、前述した教会の二大原則をもって、みずからの〈いのち〉をつくっている人たちは、みんなその天界の巨大人、つまり天界で、その場所を得、それなりの程度で幸福を味わっています。これについては前254節をいろいろ参照してみてください。


注文メール