1763年原作                

 

        

神の愛と知恵
De Divino Amore et 
     Divina Sapientia







2005年4月第三版発行

これは独特の形而上学的宇宙論である。
創造は無からではなく、
神の実体的愛と知恵が、
霊界の太陽となって
自然宇宙世界の段階的ジャンプを
発展に導く。
四六判 430ペ―ジ   
定価¥2000 

内容紹介例:

DLW13
  神について正しい考えをもつことは、どれほど大切でしょう。宗教人にとって、その心の一番奥に、神について、どう考えるかがあります。どんな宗教にも、またどんな信心にも、神にたいし目を向けます。そして、どんな宗教にも信心にも、普遍的・個別的に神が存在するわけですから、神について正しく考えていないなら、天界との交流ができないことになります。ですから、霊界では、どんな民族DLW13. 神について、正しい考えをもつことはでも、神を人として考えているかどうかによって、自分の居場所が決まることになります。つまり、主のことを考えているかどうかであって、それ以外にはありません。

 人が死んでから、どんな状態になるかは、自分の心に固めもった神概念によります。ですから反対に、神を否定することは地獄をつくります。それは、キリスト教の世界にとっては、主の神性を否定することです。


注文メール